最先端のテクノロジーのヘルスケアへの応用

技術進歩によって、ヘルスケアの分野でも最先端のテクノロジーが応用されたサービスが展開されています。
最近では実験的にデジタル診断が行われており、病院に通えない人でも自宅のパソコンで医師の診察が受けられるようになっています。
デジタル診断は技術進歩が進むことによって、普及が拡大することが予測されています。
医療現場ではCT検査やMRI検査が普及していますが、一部の心臓病の患者はCT検査を受けることができません。
最近は通常のCT検査を受けられない人でもCT検査が受けられる超高速スキャンが開発されています。
超高速スキャンの導入が進むと誰もがCT検査を受けられるようになり、病気の治療に大いに貢献します。
最近はウェアラブル技術を応用した腕時計型のスマートフォンが登場し、ヘルスケアの分野でもウェアラブル技術が大きく貢献しています。
ウェアラブル技術のヘルスケア分野への応用は、今後ますます拡大することが見込まれています。

"

ヘルスケア業界におけるテクノロジーの活用

シカゴ大学の調査では、ヘルスケア業界におけるIT関連の職業は2020年までに21%も増加するという結果になったと言われています。
これは現在、ヘルスケア業界全体が健康情報学やモバイル技術、クラウドシステムやデジタル診断技術などのテクノロジーの新しい活用法に注目しているからであると言われています。
これらの発明を実際に利用できるようになるには、最大で十年程かかるとも言われていますが、世界では日々新しいテクノロジーの研究開発が進められています。
代表的なものとして実際に診療所などに行かなくてもデジタル診断を受けられるようにするというものがあります。
アルツハイマー病を診断するソフトウェアも開発されています。
デジタル治療と呼ばれるものもあります。
これは病院に行くことが困難な人などにとって役に立つテクノロジーで、モバイル技術と人工知能を使って自宅でのケアを提供します。
この開発を行っている会社では、心臓血管疾患や肺疾患、メンタルヘルスなどに対応するものの研究を行っています。

pickup

配食サービスを探す
http://h-fureai.com/

最終更新日:2017/4/14

Copyright c 2015 身体の声を聴こう! All rights reserved.